【銀河英雄伝説】本伝 第1期 第1話『永遠の夜の中で』雑記

銀河英雄伝説が好きで原作はもちろん、アニメも何回も観てるんですが、今回再アニメ化ということもあってもっかい観直してます。いや何度観てもおもしろい。一話ごとに感想的なことを適当に書きます。途中で辞める可能性特大。ゴリゴリネタバレしていくのでまだ観ていない方は要注意です。

ちなみに第一話はバンダイチャンネルで無料で視聴できますよん。

 

第1話『永遠の夜の中で』

年号

宇宙歴796年1月、帝国歴487年1月

オープニング

いつの世も、戦争が続いている。
いつの世も、戦争によって残されるのは、無人の荒れ野だけだ。
そして刻まれた傷は、時の流れとともに消えてゆく。
その傷を目撃し記憶しているのは、満天に輝く星の群れかもしれない。
その星すら、いつの日か、流れ星のように消え去る運命にある。
これは、そんな星々の間で、いつの日か語られた、ある人間たちの、今はもう忘れかけている戦いの記録である。

声:屋良有作

すでに鳥肌が立っているのは私だけでしょうか。

アニメ版ではいきなりアスターテから始まりますが、原作ではまず『序章 銀河系史概略』として銀河帝国、自由惑星同盟の成り立ちについて書かれています。アニメ版ではこれのかわりに、ユリアンが地球に向かう際の道中に映像資料として銀河系史を映像で学ぶシーンがありますね。

あらすじ

 アスターテ星域で対峙していた銀河帝国軍と自由惑星同盟軍。二倍の戦力比のために誰もが同盟軍の勝利を疑わなかったが、帝国軍司令官のラインハルトは同盟軍各艦隊の各個撃破に出て劣勢を跳ね返す。第四艦隊、第六艦隊を葬った帝国軍は、残る第二艦隊に矛先を向ける。だが、そこには彼の戦略を見抜いていたヤンがいて…。

数の上では自由惑星同盟が有利な中、常勝の英雄、ラインハルトの指揮の元、各個撃破で第四艦隊を撃破、その後第六艦隊も全滅に追い込まれ、ヤンの友人、ラップが戦死する。劇場版にくらべてここの表現が結構あっさり。是非劇場版『銀河英雄伝説外伝 遥かなる序曲(オーヴァーチュア)』を観ていただきたい。アスターテ会戦(本伝1話、2話に該当)が詳細に描かれています。原作の第1章「永遠の夜の中で」もアニメ版とは異なり、ヤンとラインハルトの生い立ち等が織り込まれないようになっています。

ラストシーンのラインハルトのキルヒアイスの会話

「あの艦隊にあの男がいるとしたらな」

「ヤン・ウェンリー准将」

「あぁ、その通りだ」

鳥肌が立ちますね。

 

感想的なこと

銀河帝国、自由惑星同盟、フェザーン自治領の三つ巴の関係、ラインハルト・フォン・ローエングラム、ヤン・ウェンリーそれぞれの軍内部での置かれた立ち位置、またその周りの主要キャラクター達。凝縮された第一話「永遠の夜の中で」、OVA版銀河英雄伝説の歴史はこの1ページが始まります。
この初回の一話だけでラインハルト、ヤン、キルヒアイス、オーベルシュタイン、ミッターマイヤー、ロイエンタール、メルカッツ、アッテンボロー、ポプラン、などなど主要メンバー総出演、豪華声優陣!ちなみに私が一番好きなキャラクターは塩澤兼人さん演じるオーベルシュタインです。
次回第二話「アスターテ会戦」。ヤンとラインハルトの対決。この二話の時点でハマってしまう人もいるのではないでしょうか。とにかく銀河英雄伝説を全話視聴するかギブアップするかは第一期を通して観て判断していただきたいです。

 

 

第一話に関する情報

主な登場人物

銀河帝国

自由惑星同盟

ヤン・ウェンリー 富山敬 第二艦隊幕僚、准将、29歳。
ジャン・ロベール・ラップ 田中秀幸 第六艦隊幕僚、少佐。
ダスティ・アッテンボロー 井上和彦 准将
オリビエ・ポプラン 古川登志夫 中尉
パエッタ 徳丸完 第二艦隊司令官
パストーレ 佐藤正治 第四艦隊司令官、中将。
ムーア 平野正人 第六艦隊司令官
ナン 石野流三 通信長、技術少佐。※本伝ではセリフなし、「銀河英雄伝説 新たなる戦いの序曲」にて出演

フェザーン自治領

その他

ナレーション 屋良有作

主な登場戦艦

銀河帝国

名称 全長 全幅 全高 乗員 備考
ブリュンヒルト 1,007m 264m 273m 1,171名 ラインハルトの座乗艦

自由惑星同盟

名称 全長 全幅 全高 乗員 備考
FBB-21 パトロクロス 1,159m 72m 163m(アンテナ部含めて358m) 1,226名 第二艦隊旗艦
FBB-28 レオニダス 第四艦隊旗艦
FBB-20 ペルガモン 1,159m 72m 358m(アンテナ部含む) 1,226名 第六艦隊旗艦
ネストル 第四艦隊戦艦
レムノス

 

主な使用楽曲

交響曲第3番ニ短調(Symphony No.3 in D Minor) マーラー(Mahler) オープニングナレーションのBGM
ファゴット協奏曲 K. 191(Concerto for bassoon and Orchestra in B falt Major K 191)) モーツァルト(Mozart)  アンネローゼ登場シーン
ピアノソナタ第8番「悲愴」第2楽章(Pathetique Sonata – 2nd mov) ベートーヴェン(Beethoven) ミッターマイヤー・ロイエンタール登場シーン

 

 

 

まさか一話だけでこんな膨大な量の情報があるとは思いませんでした。。。書き出しで一話ごとに感想書くとかほざいてますが多分今回で終わりです。

 

次回、銀河英雄伝説 第2話『アスターテ会戦』

銀河の歴史がまた1ページ。

 

参考資料:銀河英雄伝説DATA BOOK メカニック&声優大事典

記事がお気に召しましたらシェアお願いします!

関連記事