HOME > グルメ・お酒 > ビール > クラフトビール『GRAND KIRIN』飲み比べてみた

クラフトビール『GRAND KIRIN』飲み比べてみた

folder_open label_outline
クラフトビール『GRAND KIRIN』飲み比べてみた

クラフトビール『GRAND KIRIN』を飲み比べてみました。

クラフトビールとは

クラフトビール (英語: craft beer) は、英語で「職人技のビール」、「手作りのビール」などを意味する表現で、大手のビール会社が量産するビールと対比して用いられる概念。日本語では、英語の発音に近づけてクラフトビアと呼ばれることもある。

– wikipediaより引用

KIRINは『よなよなエール』などでおなじみの国内最大のクラフト・ブルワリー『ヤッホーブルーイング』と業務提携契約を結んでクラフトビールに力を入れているようです。

飲み比べ

WHITE ALE (ホワイトエール)

小麦を使用したビール。ヒューガルデン等にくらべると少し苦みが強い印象。今回比較した中では一番すっきりして飲みやすい。はじめに飲むならコレ!

IPA (インディア・ペールエール)

まさにIPAといった強めの苦みとフルーティーさと香が特徴。クラフトビールファンならおすすめの一本!

JPL (ジャパン・ペールラガー)

国産麦芽を使用したビール。ラガーならではの深みと苦み、アルコール度数が強めの6%。ビール好きには最高の一本!

 

どのビールもビールファンにはたまらない美味しさでした!コンビニ限定で350ml缶も購入できるみたいですので見つけたらぜひお試しください。