HOME > ギター > タッピング > 【動画・TAB譜付き】ギタータッピングテクニックまとめ

【動画・TAB譜付き】ギタータッピングテクニックまとめ

folder_open label_outline
タッピングテクニック

 タッピングは通常のピッキングではできないテクニカルなフレーズが弾ける点と、視覚的にも派手な演出ができるため、特にメタル系ギタリストに好まれているギターテクニックです。ライトハンドなんて呼び方もあります。
もともとは「タッチ」と呼ばれる右手の指で弦を押さえて音出す手法が派生してタッピングというテクニックが生まれたと考えられます。
タッピングフレーズは似通ったパターンが多いため、毛嫌いするギタリストもいるようです。
今回はそんなタッピングの様々なテクニックを動画とTAB譜とともにご紹介致します。

タッピング動画

 

オーソドックスなタッピング

もっともオーソドックスなタッピングです。

basic-taping

 

開放弦を使用したタッピング

開放弦を利用したタッピングです。

Tapping-with-open-string

 

スライドタッピング

右手の指をスライドさせて音の変化を与えます。よりトリッキーなサウンドを再現できます。

tapping-slide

 

タッピングトリル

通常左手のみで行うトリルをタッピングを用いることにより、より高速なタッピングが可能になります。

tapping-trill

 

ボスハンドタッピング

LOUDNESSの高崎晃でおなじみのボスハンドタッピング、左手をネックの上に持ってきて弦をミュートすることによって、機械的なサウンドを表現することができます。視覚的な効果も絶大です。

both-hands-tapping

 

エイトフィンガータッピング

文字通り8本の指を使ったタッピングです。

エイトフィンガータッピング

 

スプリットタッピング

正式名称はわかりませんが昔こんなタッピングがなんかの雑誌にのってました。2オクターブ離れた音を同時に出せます。視覚的にも気持ち悪いです。

split-tapping

 

いかがでしたでしょうか。タッピングは楽しいですね!

ほどほどに取り入れましょう。