HOME > スポーツ > パラリンピック > 【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『バドミントン編』

【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『バドミントン編』

folder_open label_outline
【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『バドミントン編』

東京パラリンピックまであと2年!この記事ではよりパラリンピックを楽しく観戦できるよう、情報をまとめてみました。今回はバドミントン編です!みんなで出場選手を応援しましょう!!!

バドミントン

バドミントンは、2020年東京パラリンピックで初めて正式競技に採用された種目になります!

競技概要

パラリンピックのバドミントン競技なルールの詳細はまだ決まっていないようですが、日本障がい者バドミントン連盟によると、大きく分けて『立位』と『車いす』があり、障害の程度でクラスがわかれます。

  • WH1・・・車いす、シングルスを半面で戦う
  • WH2・・・車いす、シングルスを半面で戦う
  • SL3・・・立位、下肢障害、シングルスを半面で戦う
  • SL4・・・立位、下肢障害、シングルスを全面で戦う
  • SU5・・・立位、上肢障害、シングルスを全面で戦う
  • SS6・・・立位、低身長、シングルスを全面で戦う

詳細は下記動画をご参照ください

注目選手

長島理選手(日本・WH1)

第1回・第2回日本障がい者バドミントン選手権大会男子シングルス金メダル。WH1男子世界ランキング7位

杉野明子選手(日本・SU5)

パラバドミントン世界選手権優勝。SU5女子世界ランキング1位。

豊田まみ子選手

現在SU5女子世界ランキング2位。

競技会場

国立代々木競技場

まとめ

2020年TOKYOオリンピックから初めて正式採用されたバドミントン。既に世界で活躍している日本人選手達に期待が込められます。いまからとても楽しみです!