HOME > スポーツ > パラリンピック > 【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『アーチェリー編』

【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『アーチェリー編』

folder_open label_outline
【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『アーチェリー編』

2020年、ついに東京パラリンピックが開催されます。この記事ではよりパラリンピックを楽しく観戦できるよう、色々な情報をまとめてみました。今回はアーチェリー編です!みんなで出場選手を応援しましょう!!!

アーチェリー

オリンピック競技でも同じみのアーチェリー。1960年の第1回ローマパラリンピックから正式競技として採用されている歴史ある競技の一つです。

競技概要

競技に使用する弓は一般的な『リカーブボウ』と、弓の上下先端に滑車がついている『コンパウンドボウ』の2種類を使用します。

選手は障害の種類・程度によって下記3つのクラスに分類されます。

  • W1・・・四肢の障害により車椅子を使用する選手
  • W2・・・下半身の障害により車椅子を使用する選手
  • ST・・・立つか、椅子に座って競技ができる選手

競技種目は『リカーブオープン』、『コンパウンドオープン』、『W1オープン』の3つに分けられ、それぞれ男子・女子・混合の合計9種別になります。

注目選手

上山友裕選手(日本)

リオパラリンピック7位入賞。第45回・第46回全国身体障害者アーチェリー選手権大会 優勝。2017年 日本身体障害者アーチェリー連盟杯 優勝。

ザーラ・ネマティ選手(イラン)

オリンピック・パラリンピックを通じてイラン人女性史上初の金メダリスト。2012年ロンドンパラリンピック、2016年リオパラリンピックの二連覇を達成した選手。

2016年リオパラリンピック結果

男子リカーブ個人

Gholamreza Rahimi 選手(イラン)
Hanreuchai Netsiri 選手(タイ)
Ebrahim Ranjbarkivaj 選手(イラン)
7位
上山友裕 選手(日本)
17位
小野寺公正 選手(日本)

男子コンパウンド個人

 Andre Shelby 選手(アメリカ)
 Alberto Luigi Simonelli 選手(イタリア)
 Jonathon Milne 選手(オーストラリア)

男子個人

 John Walker 選手(イギリス)
 David Drahoninsky 選手(チェコ)
 Peter Kinik 選手(スロバキア)

女子リカーブ個人

Zahra Nemati 選手(イラン)
Chunyan Wu 選手(中国)
Milena Olszewska 選手(ポーランド)

女子コンパウンド個人

 Jiamin Zhou 選手(中国)
Yueshan Lin 選手(中国)
Mi Soon Kim 選手(韓国)
9位
 平沢奈古 選手(日本)

 女子個人

Jessica Stretton 選手(イギリス)
Jo Frith 選手(イギリス)
Vicky Jenkins 選手(イギリス)

混合リカーブ団体

中国 Chunyan Wu 選手 / Lixue Zhao 選手
イラン Zahra Nemati 選手 / Ebrahim Ranjbarkivaj 選手
イタリア ElisaBetta Mijno 選手 / Roberto Airoldi 選手

混合コンパウンド団体

中国 Jiamin Zhou 選手 / Xinliang Ai 選手
イギリス Jodie Grinham 選手 / John Stubbs 選手
韓国 Mi Soon Kim 選手 / Ouk Soo Lee 選手

混合団体

イギリス Jo Frith 選手 / John Walker 選手
韓国 Ok Geum Kim 選手 / Dong Sub Koo 選手
チェコ Sarka Musilova 選手 / David Drahoninsky 選手

競技会場

夢の島公園

まとめ

心の格闘技をも言われるアーチェリー。手に汗握る接戦が期待できます。外国人選手も注目ですが、やはり日本人選手のメダルの行方が気になりますね。2020年TOKYOパラリンピック、全力で応援しましょう!