HOME > スポーツ > パラリンピック > 【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『パラ射撃編』

【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『パラ射撃編』

folder_open label_outline
【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『パラ射撃編』

2020年にいよいよ東京パラリンピックが開催されます!この記事ではよりパラリンピックを楽しく観戦できるよう、色々な情報をまとめてみました。今回はパラ射撃編です!みんなで出場選手を応援しましょう!!!

パラ射撃

パラ射撃は1976年トロントパラリンピックから正式採用された競技です。

競技概要

パラ射撃は、「ライフル(ピストル)」で的を撃ち抜き、その得点を競う競技です。出場選手は障がいの状態によって「SH1」、「SH2」に分類されます。 使用するライフルには空気銃(エア)と火薬銃の二種類があります。的までの距離は競技によって「50メートル」、「25メートル」、「10メートル」に分かれています。撃ち方には「立射」と「伏射」の2種類があります。

注目選手

瀬賀 亜希子 選手

2017年 全日本障害者ライフル射撃競技選手権大会(千葉) R5 1位

2016年リオパラリンピック結果

男子エアライフル立射(運動機能障害)

Chao Dong 選手(中国)
Abdulla Sultan Alaryan 選手(アラブ首長国連邦)i
Suwan Kim 選手(韓国)

男子ライフル3姿勢(運動機能障害)

Laslo Suranji 選手(セルビア)
Abdulla Sultan Alaryani 選手(アラブ首長国連邦)
Doron Shaziri 選手(イスラエル)

男子エアピストル(運動機能障害)

Chao Yang 選手(中国)
Ju Hee Lee 選手(韓国)
Server Ibragimov 選手(ウズベキスタン)

女子エアライフル立射(運動機能障害)

Veronika Vadovicova 選手(スロバキア)
Cuiping Zhang 選手(中国)
Yaping Yan 選手(中国)

女子ライフル3姿勢(運動機能障害)

Cuiping Zhang 選手(中国)
Veronika Vadovicova 選手(スロバキア)
Yunri Lee 選手(韓国)

女子エアピストル(運動機能障害)

Sareh Javanmardidodmani 選手(イラン)
Olga Kovalchuk 選手(ウクライナ)
Aysegul Pehlivanlar 選手(トルコ)

男女共通エアライフル立射(運動機能障害)

Veselka Pevec 選手(スロベニア)
Gorazd Francek Tirsek 選手(スロベニア)
Geunsoo Kim 選手(韓国)

男女共通エアライフル伏射SH1(運動機能障害)

Veronika Vadovicova 選手(スロバキア)
Natascha Hiltrop 選手(ドイツ)
Jangho Lee 選手(韓国)

男女共通エアライフル伏射SH2(運動機能障害)

Vasyl Kovalchuk 選手(ウクライナ)
Geunsoo Kim 選手(韓国)
McKenna Dahl 選手(アメリカ)

男女共通ライフル伏射(運動機能障害)

Cuiping Zhang 選手(中国)
Abdulla Sultan Alaryani 選手(アラブ首長国連邦)
Laslo Suranji 選手(セルビア)

男女共通25mピストル(運動機能障害)

Xing Huang 選手(中国)
Joackim Norberg 選手(スウェーデン)
Ju Hee Lee 選手(韓国)

男女共通50mピストル(運動機能障害)

Sareh Javanmardidodmani 選手(イラン)
Chao Yang 選手(中国)
Oleksii Denysiuk 選手(ウクライナ)

競技会場

陸上自衛隊朝霞訓練場
〒178-0061 東京都練馬区大泉学園町