HOME > スポーツ > パラリンピック > 【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『トライアスロン』

【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『トライアスロン』

folder_open label_outline
【2020】東京パラリンピックを10倍楽しむ!『トライアスロン』

2020年にいよいよ東京パラリンピックが開催されます!この記事ではよりパラリンピックを楽しく観戦できるよう、色々な情報をまとめてみました。今回はトライアスロン編です!みんなで出場選手を応援しましょう!!!

トライアスロン

パラトライアスロンは、2016リオデジャネイロパラリンピックでで正式採用された競技です!

競技概要

トライアスロンは『水泳』、『自転車』、『長距離走』の三つを競う競技です。オリンピックのトライアスロン競技の半分の距離で競います。選手の持つ障がいに応じて「PT1~PT5」5つに分類され競技を行います。

注目選手

秦由加子 選手

2016 リオパラリンピック 6位。2017年 ITU世界パラトライアスロンシリーズ(オーストラリア) 2位。2017 ITUパラトライアスロンワールドカップ(アメリカ) 優勝。

谷 真海選手

2017 ITU世界トライアスロンシリーズ横浜大会優勝。

 

木村潤平 選手

2017 ITU世界パラトライアスロン選手権8位。2017 ASTCアジアパラトライアスロン選手権1位。

宇田秀生 選手

2017 ITU世界パラトライアスロン選手権4位。2017 ITU世界パラトライアスロンシリーズ2位。

2016年リオパラリンピック結果

男子(車いす)

Jetze Plat 選手(オランダ)
Geert Schipper 選手(オランダ)
Giovanni Achenza 選手(イタリア)
10
木村潤平 選手(日本)

男子(運動機能障害PT2)

Andrew Lewis 選手(イギリス)
Michele Ferrarin 選手(イタリア)
Mohamed Lahna 選手(モロッコ)

男子(運動機能障害PT4)

Martin Schulz 選手(ドイツ)
Stefan Daniel 選手(カナダ)
Jairo Ruiz Lopez 選手(スペイン)
11
佐藤圭一 選手(日本)

女子(運動機能障害PT2)

Allysa Seely 選手(アメリカ)
Hailey Danisewicz 選手(アメリカ)
Melissa Stockwell 選手(アメリカ)

女子(運動機能障害PT4)

Grace Norman 選手(アメリカ)
Lauren Steadman 選手(イギリス)
Gwladys Lemoussu 選手(フランス)

女子(視覚障害)

Katie Kelly 選手(オーストラリア)
Alison Patrick 選手(イギリス)
Melissa Reid 選手(イギリス)
9
山田敦子 選手(日本)

競技会場

お台場海浜公園
〒135-0091 東京都港区台場1丁目4