HOME > WEB > サーバー > さくらサーバーの無料SSLでAOSSL(常時SSL)を設定する方法

さくらサーバーの無料SSLでAOSSL(常時SSL)を設定する方法

folder_open label_outline
さくらサーバー無料AOSSL

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、wi-fi環境が広く整備されてきました。そのため、公衆無線LANを利用したデータ通信が増え、データを盗み見される危険性が高くなってきました。そのため、メールフォーム等だけではなく、常にデータを暗号化する必要性が出てきました。

AOSSLはセキュリティの面だけではなく、SEOにも効果が期待できるので、今後のWEB制作には必要不可欠と考えられます。

Google公式が言ってるんだからまず間違いないであろうSEO対策

以前はSSLの導入には有料のSSLを取得する必要や、設定が困難であったため、共用SSLなどを用いていた方も多いかと思います。

さくらインターネットでは2017年10月より、「さくらのレンタルサーバ」「さくらのマネージドサーバ」において無料のSSLサーバー証明書「Let’s Encrypt」を設定できるようになりました。コントロールパネルより簡単に設定できますので是非ご活用ください。

 

設定方法

コントロールパネルの左下にある「ドメイン/SSL設定」をクリック。

 

該当ドメインの証明書の項目の「登録」をクリック。

 

「無料SSLの設定へ進む」をクリック。

 

発行手続き中に移行します。「発行には数十分〜数時間かかる場合があります」と表示されましたが私の場合1時間以内には反映されました。発行が完了すると「[さくらインターネット]SSLサーバ証明書発行のお知らせ」というメールが届きます。

 

URLを「https://」にして表示を確認しましょう。問題なく表示されれば設定完了です。

 

ただしこれだけでは「http://」のアクセスした場合でも表示されてしまいますので、「http://」にアクセスしてきた際に「https://」にジャンプさせる設定が必要になります。

ジャンプさせるには下記の「.htaccess」をサイトルートに保存してください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{ENV:HTTPS} !^on$
RewriteCond %{HTTP:X-Sakura-Forwarded-For} ^$
RewriteRule ^ https://%{SERVER_NAME}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

 

ついでに

ついでなので「WWW」あり・なしを統一してしまいましょう。

wwwありに統一する場合

RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\.
RewriteRule ^(.*)$ https://www.%{HTTP_HOST}/$1 [R=301,L]

wwwなしに統一する場合

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.deco8\.net
RewriteRule (.*) https://deco8.net/$1 [R=301,L]

 

WORDPRESSを使用している場合

WORDPRESSをご利用の方は『さくらのレンタルサーバ 簡単SSL化プラグイン』で設定可能です。

まだAOSSLの設定を行っていないサイトは是非AOSSL化することをお勧めします。