【DIY】2×4(ツーバイフォー)材とはどんな木材か【初心者】

DIYをはじめようと思っている方の中で、「どのような木材を選んでよいかわからない」という方が多いのではないでしょうか。そこでここではまずよく耳にする「2×4(ツーバイフォー)材」とはどのようなものかをご紹介したいと思います。

2×4(ツーバイフォー)材とは何か

アメリカの建築工法で「ツーバイフォー材」を使用して家を建てることを「ツーバイフォー工法」と呼びます。ツーバイフォーとは「2インチ×4インチ」のことを差し、このサイズの木材を「2×4(ツーバイフォー)材」と呼んでいます。決まった規格であるため、どんな店でも安価で揃えやすい特徴があります。

1インチは2.54センチメートルなので、「2×4(ツーバイフォー)材」の大きさは「5.08cm×10.16cm」と思われるかと思いますが、これは製材前のサイズを表しているので、実際に購入して使用する木材のサイズは「3.8cm×8.9cm(38mm×89mm)」となるので注意が必要です。

2×4(ツーバイフォー)材以外のサイズ

2×4(ツーバイフォー)が「2インチ×4インチ」のサイズの木材であるということが前述の通り分かりました。つまり、2×4(ツーバイフォー)以外にも「1×4(ワンバイフォー)(19mm×89mm)」や「2×2(ツーバイツー)(38mm×38mm)」といったサイズの規格も存在し、2×4同様に決まった規格のため、安価で揃えやすい木材であるということが言えます。そのため、これからDIYで何かを作ろうと思っている方は、このサイズを目安に設計図を作ると、加工の手間や材料費を抑えることが可能になります。

1×4(ワンバイフォー)のサイズ は一見「19mm×76mm(19mm×4ゆえに)」と思われる方もいると思いますが、実際のサイズは「19mm×89mm」なのは前述の製材後のサイズであることが起因します。1インチ(25.4mm)×4インチ(101.6mm)の木材を製材して「19mm×89mm」になるということですね。単純に19mm×数字がサイズになるわけではないので設計する際や購入する際にはご注意ください。下記「ワンバイ材」「ツーバイ材」の記事でサイズ一覧を掲載しておりますのでそちらもご参考ください。

ワンバイ材とは

ネットのDIYサイトや木材通販サイトで目にする「ワンバイ材」とは、一辺の長さ(厚さ)が「19mm」の木材のことを差します。

主なワンバイ材サイズ一覧

表記・呼び方木口(断面)サイズ写真
1×2(ワンバイツー)19mm × 38mm
1×3(ワンバイスリー)19mm × 63mm
1×4(ワンバイフォー)19mm × 89mm
1×6(ワンバイシックス)19mm × 140mm
1×8(ワンバイエイト)19mm × 184mm
1×10(ワンバイテン)19mm × 235mm
1×12(ワンバイトゥエルブ)19mm × 280mm

ツーバイ材とは

ツーバイ材」とは、一辺の長さ(厚さ)が「38mm」の木材のことを差します。

主なツーバイ材サイズ一覧

表記・呼び方木口(断面)サイズ写真
2×2(ツーバイツー)38mm × 38mm
2×3(ツーバイスリー)38mm × 63mm
2×4(ツーバイフォー)38mm × 89mm
2×6(ツーバイシックス)38mm × 140mm
2×8(ツーバイエイト)38mm × 184mm
2×10(ツーバイテン)38mm × 235mm
2×12(ツーバイトゥエルブ)38mm × 280mm

 

上記表以外にもお店によってはスリーバイ材フォーバイ材もあるのでチェックしてみてください。

ワンバイ材・ツーバイ材で使用される木材の種類(樹種)

ワンバイ材・ツーバイ材では主に「SPF」と呼ばれる木材が使用されます。

SPFとはSpruce(スプルース・トウヒ)」、「Pine(パイン・マツ)」、「Fir(ファー・モミ)」の三種類の木材を指し、いずれも材質が似ているため区別されずに使用されています。比較的柔らかく加工がしやすいため、DIYの素材として重宝されています。

  • 2×4(ツーバイフォー)材とは木口(断面)サイズが「38mm×89mm」の木材のことを指す
  • ワンバイ材ツーバイ材〜などいろいろな規格のサイズの木材がある
  • 使用される樹種は主に加工に優れたSPF材が用いられる

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします!