【安全】相手に大容量ファイルを送ってもらう方法【セキュリティ】

DropBoxのファイルリクエストを利用する

Dropboxのファイルリクエストを行うことで簡単かつ安全に大容量ファイルを受け取ることが出来ます。

ファイルリクエスト作成方法

ナビゲーション「ファイル」をクリック。

「ファイルリクエスト」をクリック。

「ファイルリクエストを作成」をクリック。

「どのようなファイルをリクエストしますか?」の箇所は任意で入力。
必要に応じて「フォルダの変更」をクリックして保存先を指定。
締切日の指定がある場合は「締切日を指定」にチェック。

設定したら次へをクリック。

ファイルをアップロードするURLが生成されます。リンクをコピーして相手に伝えるか、Dropboxから直接メールを送信します。

Dropboxからメールを送信すると下記のようなメールが相手に届きます。「ファイルをアップロードする」をクリックするとアップロード画面に推移します。

ファイルアップロード画面は下記のようなページです。「パソコンから選択」、Dropboxのアカウントを持っている方は「Dropboxから選択」をクリックしてファイルを選択します。

「アップロード」をクリックすれば完了です。

ファイルを追加する場合は「さらにファイルを送信」をクリックします。

無事Dropbox内にファイルがアップロードされました。

 

ファイルリクエスト終了方法

「ファイル」をクリック。

「ファイルリクエスト」をクリック。

該当リクエストの右側「・・・」をクリックし「編集」をクリック。

「リクエストを終了」をクリック。

以上で完了です。以降アップロードは出来なくなります。アップロード済みのファイルはちゃんと残ります。

 

相手がDropboxのアカウントを持っていなくてもOK

Dropbox アカウントを所有していない相手にもファイルをリクエストすることができます。

https://www.dropbox.com/ja/help/files-folders/create-file-request

 

容量の制限なし

ファイル リクエストを使用すると、サイズ制限なしに Dropbox アカウントでどのユーザーからでもファイルを収集できます。ファイル リクエストでは以下のことができます。

https://www.dropbox.com/ja/help/files-folders/create-file-request

 

セキュリティに関して

Dropbox の安全性は?気になるセキュリティについて

Dropbox は、そのサーバー上のデータ保存にあたりブロックごとに個別に、256 ビットの Advanced Encryption Standard(AES)暗号化を使用しています。これにより、不正アクセスやDropboxサイトへのアタックによる情報漏洩を防いでいます。
Dropbox サーバー→ Dropbox アプリ(パソコン、モバイル)のデータ転送時にもSecure Sockets Layer(SSL)を使用しています。これにより、Dropbox アプリへデータを転送しているときに情報が漏洩することはありません。

 

記事がお気に召しましたらシェアお願いします!

関連記事