【フジゲン7弦ギターレビュー】J-Standard JMY7-ASH-M

フジゲンの7弦ギター「J-Standard MYTHIC」を購入したのでレビュー書いてみました!

オフィシャルサイトの紹介ページはコチラ

仕様

ボディ

ボディ

ボディはアッシュ材を使用。フィニッシュはマットホワイトなのですが、うっすらとボディ材が透けてみえます。木材好きにはおすすめ。杢目の柄も個体差があるので愛着が湧きます。また、アッシュ材は重さにバラ付きが多く、私が調べた6店舗だけでも、約3.6kg~4.3kgのバラつきがありました。私が購入した個体は3.65kgです。重さにこだわる方は購入前にお店の方に尋ねてみましょう。

ネック

ネックはメイプルとウエンジを併せた5ピースで頑丈な作りになっています。形状はUシェイプ。ボルトオンで組み込まれていまがハイネックも弾きやすいです。ELグリップシェイプと呼ばれる形状で、Uシェイプの山の頂点が若干に6弦側に寄せてあります。

指板

指板

指板材はメイプルを使用、305mmR。インレイはシンプルなドットですが、ローポジションとハイポジションでインレイの箇所が異なり、使い易さとオシャレな一面を兼ね備えています。個人的には派手なインレイよりもお気に入りです。

スケール

スケールは通常のストラトキャスターと同様のロングスケール、25.5インチ (648mm)です。普段から同じスケールを使用している方なら弾きやすいハズ。ちなみにシェクターの7弦はこれよりも長い26インチのスケールが主流です。

フレット

フレットはジャンボフレットを使用。フジゲンならではの「C.F.S. – サークル・フレッティング・システム」(フレットを円弧状に加工することによってフレットに対する全ての弦のスケールを一致させる技術)も健在。24フレットまであるのでハイポジションでのプレイもカバーしています。

ペグ

ペグはGOTOH®製、「SG381-07 MG-T」を使用。MG-T(マグナムロック・トラッド)は弦をロックする仕組みで、簡単に弦を張ることが出来、チューニングも狂いにくくなっています。

ヘッド

ヘッドはリバースヘッドになっているため低弦のテンションが保てる仕様になっています。視覚的なインパクトも大変気に入っています。

ブリッジ

ブリジはフジゲンの「FJBR-STD-7」。レスポールのようにブリッジから弦を通す「ストップ・テイル・スタイル」と、ストラト・テレキャスのようにボディの裏から弦を通す「スルー・ボディ・スタイル」の2種類のスタイルが選択できます。

ピックアップ

ネック側(フロント)ピックアップは「Seymour Duncan® Sentient-7」ブリッジ側(リア)ピックアップは「Seymour Duncan® Nazgûl-7」を使用しています。

コントロール

コントールはシンプルな1ボリューム・1トーン・3WAYスイッチ。トーンはプルスイッチになっており、ひっぱることでシングルコイルサウンドも表現できます。

付属品

付属品は「FGN」のロゴが入ったギグバッグ。ポケットでかくて使い易そうです。

非常にコスパの良い7弦ギターですので7弦初心者の方から上級者の方にまでおすすめできる一本かと思います。7弦ギター選びの参考になれば幸いです。

関連記事