【2019最新版】Windows 10 Outlook メール設定方法

Windows 10 Outlook のメール設定方法について、初回起動時アカウント追加時に分けてご案内いたします。POP、IMAPのどちらも解説しておりますので是非ご活用ください。

  • Outlookの設定をしたい
  • Outlookにアカウントを追加したい
  • Windows 10 にしたら設定方法がわからなくなった

準備

まずはお手元に下記情報をご用意ください。分からない項目がある場合はお使いのメールのサーバー管理者やプロパイダのサポートにお問合せください。

  • メールアドレス(例:test@deco8.net)
  • メールアカウント(例:test@deco8.net)
  • パスワード(例:abcd1234)
  • 送信サーバー(例:mail.deco8.net)
  • 受信サーバー(例:mail.deco8.net)

また受信方法をPOPIMAPか決めておきましょう。POPとIMAPの違いについては下記記事をご参照ください。

POPとIMAPの違い

Outlook設定方法

初回起動時の設定方法

「メールアドレス」を入力し「詳細オプション」をクリック、「自分で自分のアカウントを手動で設定」にチェックを入れ、「接続」をクリック。

「POP」または「IMAP」をクリック。

「パスワード」を入力して「接続」をクリック。

「インターネットセキュリティ警告」が表示された場合は「はい」をクリック。

「アカウントが正常に追加せれました」と表示されたら「Outlook Mobile をスマートフォンに設定する」のチェックマークを外し「完了」をクリック。

Outlookメニューの「ファイル」をクリック。

アカウント情報の「プロファイルの管理」をクリック。

「メール設定」「プロファイルの表示」をクリック。

先程追加したアカウントを選択して「変更」をクリック。

「アカウントの変更」ウインドウが表示されるので内容をお使いのメールサーバーに合わせて修正後、「詳細設定」をクリック。

POPの場合

名前任意(例:山田太郎)
電子メールアドレス使用するメールアドレス(例:test@deco8.net)
アカウントの種類POP3
受信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
送信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
アカウント名指定のアカウント名(例:test@deco8.net)
パスワード指定のパスワード(例:abcd1234)

詳細設定の「送信サーバー」のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェック、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認する。

詳細設定タブの受信サーバーのポート番号が「995」「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」にチェック、送信サーバーのポート番号が「465」使用する暗号化接続の種類「SSL/TLS」が選択されていることを確認します。

受信サーバーのポート番号995
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要チェック
送信サーバーのポート番号465
使用する暗号化接続の種類SSL/TLS

※サーバーやプロバイダによって異なりますので詳細は各マニュアル・サポート等にてご確認ください

IMAPの場合

名前任意(例:山田太郎)
電子メールアドレス使用するメールアドレス(例:test@deco8.net)
アカウントの種類IMAP
受信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
送信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
アカウント名指定のアカウント名(例:test@deco8.net)
パスワード指定のパスワード(例:abcd1234)

詳細設定の「送信サーバー」のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェック、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」が選択されていることを確認する。

詳細設定タブの受信サーバーのポート番号が「993」使用する暗号化接続の種類「SSL/TLS」、送信サーバーのポート番号が「465」使用する暗号化接続の種類「SSL/TLS」が選択されていることを確認します。
ルートフォルダは指定がある場合入力します。(画像はXSERVERの場合。)

受信サーバーのポート番号993
使用する暗号化接続の種類SSL/TLS
送信サーバーのポート番号465
使用する暗号化接続の種類SSL/TLS
ルートフォルダパスinbox (※xserverの場合)

※サーバーやプロバイダによって異なりますので詳細は各マニュアル・サポート等にてご確認ください

以上で設定完了です。問題が無ければ送受信のテストが完了します。

アカウント追加時の設定方法

Outlookを起動し、メニューの「ファイル」をクリック。

アカウント情報の「プロファイルの管理」をクリック。

メール設定の「プロファイルの表示」をクリック。

アカウント設定の「新規」をクリック。

アカウントの追加の「自分で電子メールやその他のサービスを使うための設定をする(手動設定)」を選択して「次へ」をクリック。

「POP または IMAP」を選択して「次へ」をクリック。「アカウントの追加」ウインドウが開くので各項目を入力。

POPの場合

名前任意(例:山田太郎)
電子メールアドレス使用するメールアドレス(例:test@deco8.net)
アカウントの種類POP3
受信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
送信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
アカウント名指定のアカウント名(例:test@deco8.net)
パスワード指定のパスワード(例:abcd1234)

詳細設定の「送信サーバー」のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択。

詳細設定タブの受信サーバーのポート番号に「995」「このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要」にチェック、送信サーバーのポート番号が「465」使用する暗号化接続の種類「SSL/TLS」を選択します。

受信サーバーのポート番号995
このサーバーでは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要チェック
送信サーバーのポート番号465
使用する暗号化接続の種類SSL/TLS

※サーバーやプロバイダによって異なりますので詳細は各マニュアル・サポート等にてご確認ください

IMAPの場合

名前任意(例:山田太郎)
電子メールアドレス使用するメールアドレス(例:test@deco8.net)
アカウントの種類IMAP
受信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
送信メールサーバー指定のサーバー(例:mail.deco8.net)
アカウント名指定のアカウント名(例:test@deco8.net)
パスワード指定のパスワード(例:abcd1234)

詳細設定の「送信サーバー」のタブを開き、「送信サーバー(SMTP)は認証が必要」にチェックを入れ、「受信メールサーバーと同じ設定を使用する」を選択。

詳細設定タブの受信サーバーのポート番号が「993」使用する暗号化接続の種類「SSL/TLS」、送信サーバーのポート番号が「465」使用する暗号化接続の種類「SSL/TLS」。ルートフォルダは指定がある場合入力します。(画像はXSERVERの場合。)

受信サーバーのポート番号993
使用する暗号化接続の種類SSL/TLS
送信サーバーのポート番号465
使用する暗号化接続の種類SSL/TLS
ルートフォルダパスinbox (※xserverの場合)

※サーバーやプロバイダによって異なりますので詳細は各マニュアル・サポート等にてご確認ください

以上で設定完了です。問題が無ければ送受信のテストが完了します。

以上、Windows 10 Outlook メール設定方法をご紹介でした。

Windows OSサポートがWindows 7は2020年1月14日Windows 8.1は2023年1月10日に終了となり、Windows 10 への移行がいよいよ本格的に始まりました。Outlook はバージョンが変わるたびに操作や設定が非常にややこしくなりますね。ちなみに私は『Becky!』というメールソフトを使用しています。有料ですが非常にシンプルで使いやすく重宝しています。

関連記事