HOME > WEB > AMP > 【Google公式ブログから読み取る】AMPページ導入のチェック事項

【Google公式ブログから読み取る】AMPページ導入のチェック事項

folder_open label_outline
【Google公式ブログから読み取る】AMPページ導入のチェック事項

2017年11月28日火曜日、「Google ウェブマスター向け公式ブログ」に「ユーザーに高品質の AMP ページを」というタイトルの記事が掲載されました。記事内容からAMPに関する情報を読み解いて行きたいと思います。

AMPに関する詳細とWORDPRESSにAMPを導入する方法は過去記事をご参照ください。

WORDPRESSプラグイン『AMP for WP – Accelerated Mobile Pages』の設定方法

 

AMPの有無は検索結果に影響しない

AMP はランキング要素ではなく、AMP に関する掲載順位のポリシーに変更はありません。

AMPの導入はSEOとは関係が無く、検索順位が上がるということは無いようです。

 

正規ページとAMPページの内容は同一にしなければならない

今後、ページを Google 検索結果に AMP ページとして表示するためには、AMP ページと正規ページのコンテンツを同等にすることを要件として義務付けます。

例えばAMPページをティザーページ、ランディングページとして使用したり、コンテンツの一部分のみを表示し、正規ページに誘導するというやり方は望ましくないようです。あくまでユーザーには正規ページでもAMPページでも同等のコンテンツを提供する必要があります。正規コンテンツに含まれる重要なコンテンツが AMP ページに含まれていない場合、AMP を必要とする各検索結果(ニュースカルーセル等)の対象から除外されるようです。

 

AMPに不具合がある場合、サーチコンソールにメッセージが通知される

ウェブマスターには Search Console を通じて手動による対策のメッセージで通知され、サイト運営者が問題を修正すると AMP ページが再び配信されるようになります。

前述の通り、正規コンテンツとAMPページは同等の内容でなければなりません。もしAMPページになんらかの不具合があった場合、Googleサーチコンソールに対策メッセージが通知され、問題を修正することによって正常にAMPページが配信されるようになるようです。ちなみにGoogle AMP テスト で該当ページが正しいAMPのフォーマットになっているか確認できますのでお試しください。

 

いかがでしたでしょうか。WORDPESSをご利用の方はAMP for WP – Accelerated Mobile Pagesプラグインを導入することで簡単にAMPページを生成することが出来ます。WORDPRESS以外のサイトの場合はAMP オープンソース プロジェクトを参考にすれば正しいAMPページを作成する事が可能です。