HOME > WEB > WORDPRESS > 【MAMP】ローカル環境にWORDPRESSをインストールする方法

【MAMP】ローカル環境にWORDPRESSをインストールする方法

folder_open label_outline
【MAMP】ローカル環境にWORDPRESSをインストールする方法

MAMPを使用してローカル環境に仮想サーバーを設定してWORDPRESSをインストールする方法をご紹介します。

ローカル環境に仮想WEBサーバーを構築する

MAMPのダウンロード

MAMPというソフトを使ってローカルに仮想WEBサーバーを構築します。MAMPはMacでもWindowsでも使用出来ます。下記よりダウンロードしてください。

https://www.mamp.info/en/

MAMP

今回はwindows版を使用するので「windows」をクリックして「Download」をクリック。

Downloads

MAMPインストール

ダウンロードできたので早速イントール。

MAMPアイコン

途中下記チェックボックスは外します。

インストーラー

MAMP起動してみる

そんなわけで起動してみましょう。

ショートカット

起動した際に「’APACHE’ needs open port ’80’ which is already used by httpd.」と表示される場合があります。「ポート80がすでに使用されているから他のポートにしてくれー」というエラーです。「Use next free port」をクリックします。

PORTS USED

ポート81使いまっせ、はい

Set ports

MAMPが起動しました。「Open start page」をクリックしてみましょう。

Open start page

ブラウザが開きます。問題無くローカルサーバーが稼働しているのが分かります。

「http://localhost:81/MAMP/」

ここで「My Website」クリックしてみてください。

My Website

「http://localhost:81/」に初期ファイルが表示されます。ここの「Document root: C:/MAMP/htdocs」がサーバーのトップの場所になります。

My Website

実際に「C:/MAMP/htdocs」を開いてみると初期ファイルが入っています。このファイルを消して適当な「index.html」ファイルを入れてみましょう。

htdocs

「テストでござんす。」と入力したindex.htmlファイルをぶち込んでみました。

テスト

再度「http://localhost:81/」にアクセスすると無事内容が表示されました!

テスト

WORDPRESS用のデータベースを作成する

続いてWORDPRESSのインストールを行ってみましょう。スタートページのメニューから「Tools → phpMyAdmin」をクリックします。

phpMyAdminの画面が開きます。デフォルは英語になっているのでLanguageを日本語に変更しましょう。

続いてデータベースを作成します。メニューの「データベース」をクリックします。

「データベースを作成する」の箇所、データベース名(任意、今回は「wp」としました)を入力し、照合順序「utf8_general_ci」を選択して「作成」をクリックします。データベース名は後程セットアップ時に使用するので控えておきましょう。

無事データベースが作成されました!

WORDPRESSをインストールする

それでは続いてWORDPRESSをインストールしていきましょう。まずは下記よりWORDPRESSをダウンロードしてきてください。

https://ja.wordpress.org

「WordPress 4.9.5 をダウンロード」をクリックするとダウンロードがはじまります。

ダウンロードできました。

解凍したファイルをすべて「C:/MAMP/htdocs」にぶちこんでください。

「http://localhost:81/」にアクセスしてましょう!WORDPRESSのセットアップ画面が表示されました!

セットアップを進める前に下記項目を確認しておきましょう。

  1. データベース名
  2. データベースのユーザー名
  3. データベースのパスワード
  4. データベースホスト
  5. データベースの接頭辞 (1つのデータベースに複数の WordPress を作動させる場合)

「1.データベース名」は先程任意で入力したデータベース名になります。今回の場合は「wp」

「2.データベースのユーザー名」、「3.データベースのパスワード」、「4.データベースホスト」はMAMPスタートページより確認できます。

まとめると・・・

データベース名wp
データベースのユーザー名root
データベースのパスワードroot
データベースホストlocalhost
データベースの接頭辞任意

さて、セットアップページに戻りましょう。「さあ、始めましょう!」をクリックしてセットアップを進めていきます!

データベース情報入力画面に推移するので先程控えた各項目を入力して「送信」をクリックします。

この部分のインストールは無事完了しました。「インストール実行」をクリックします。

インストール画面に推移します。「サイトのタイトル」、「ユーザー名」、 「パスワード」、「メールアドレス 」、「検索エンジンでの表示」の各項目を任意の値で入力してください。入力が完了したら「WordPressをインストール」をクリック。

無事インストールが成功しました!!!

トップページにアクセスしてみましょう!無事表示されてます!「http://localhost:81/」

管理画面も問題無く入れます!「http://localhost:81/wp-login.php」

以上で完了です!

ローカルサーバーが表示されない場合の対処

ローカルサーバーが表示されない場合は下記をご確認ください。

MAMPが起動しているか

MAMPが起動していないとローカルサーバーは表示されません。

サーバーが稼働しているかどうか

サーバーがちゃんと稼働していれば緑色になっています。

サーバーが稼働していない場合は「Start Servers」をクリックしてサーバーを稼働させてください。