HOME > WEB > データベース > phpMyAdminで編集・更新・削除が出来ないときの対処方法

phpMyAdminで編集・更新・削除が出来ないときの対処方法

folder_open label_outline
phpMyAdminで編集・更新・削除が出来ないときの対処方法

データベースの更新の必要があったのでphpMyAdminにログインしたところ、下記のようなエラー文が表示され、通常表示されるはずの「編集」「削除」等の項目が表示されておりませんでした。

 

phpMyAdminエラー文言

This table does not contain a unique column. Grid edit, checkbox, Edit, Copy and Delete features are not available.

This table does not contain a unique column. Grid edit, checkbox, Edit, Copy and Delete features are not available.

訳:この表にはユニークカラムがありません。 グリッド編集、チェックボックス、編集、コピー、削除機能は使用できません。

 

phpMyAdminがバージョンアップに伴い、ユニークキーを作成しないと、編集等の機能が使えない仕様になったようです。

 

バックアップの作成

ユニークキー作成の前に念のためデータベースのバックアップを作成しておきましょう。

「エクスポート」をクリック。

エクスポート

 

『エクスポート方法:簡易』、『フォーマット:SQL』、『エンコーディングへの変換:なし』を選択して、『実行』をクリック。

エクスポート

実行をクリックするとsqlファイルのダウンロードが始まります。以上でバックアップの作成は完了です。

item.sql

 

 

ユニークキーの作成

続いてデータベースにユニークキーを作成してみましょう。『構造』をクリックします。

構造

『1個のカラムを追加する』、『テーブルの先頭』、『実行』をクリック。

カラム追加

『名前:任意』(今回は「id」としました。)、『データ型:INT』、『インデックス:UNIQUE』、『A_I(AUTO INCREMENT):チェック』、『保存する』をクリック。

カラム作成

問題無ければ「テーブル ○○ は正常に変更されました」と表示されます。表示をクリックしてテーブルを確認してみましょう。

テーブルは正常に変更されました。

 

無事ユニークキーが作成され、『編集』、『コピー』、『削除』が表示されるようになりました。

 

 

以上で設定完了です。

phpMyAdminに限らず、レンタルサーバーにインストールされているサービスはセキュリティ面から日々バージョンアップが行われております。バージョンアップに伴い不具合等が発生する可能がありますので、サーバー管理者はバージョンに合わせた管理が必要になります。