【メールエラー】reason: 550-5.7.1 This message does not have authentication information or fails to pass 対処方法

メール送信時に「reason: 550-5.7.1 This message does not have authentication information or fails to pass」というエラーメールが返ってきた際の対処方法をご紹介します。

エラー文

From: Mail Delivery Subsystem <MAILER-DAEMON@○○○>
To: 【メールアドレス】
Date: 【日付】
Subject: Returned mail: see transcript for details
—-
The original message was received at 【日付】

—– The following addresses had permanent fatal errors —–
<【宛先】>
(reason: 550-5.7.1 This message does not have authentication information or fails to pass)

—– Transcript of session follows —–
… while talking to gmail-smtp-in.l.google.com.:
>>> DATA
<<< 550-5.7.1 This message does not have authentication information or fails to pass
<<< 550-5.7.1 authentication checks. To best protect our users from spam, the
<<< 550-5.7.1 message has been blocked. Please visit
<<< 550-5.7.1 https://support.google.com/mail/answer/81126#authentication for more
<<< 550 5.7.1 information. l61si21866499plb.6 – gsmtp
554 5.0.0 Service unavailable

 

エラーの内容

「このメッセージには認証情報が含まれていないか、認証パスに失敗しました」

エラーの原因

送信メールアルドレスがドメイン認証を行っていない。

対策

SPF、DMARC、DKIM等のドメイン認証を行う。

SPF設定方法

さくらレンタルサーバー

「ドメイン/SSL設定」をクリック。

該当ドメインの「変更」をクリック。

「SPFレコードを利用する」にチェックをいれて「送信」をクリック。

XSERVERの設定方法

「サーバー情報」をクリック。

「IPアドレス」をメモしておきます。

「DNSレコード設定」をクリック。

該当ドメインの「選択する」をクリック。

「DNSレコード追加」タブをクリック。

DNSレコードを設定して「確認画面へ進む」をクリック。

ホスト空欄
種別TXT
内容v=spf1 +ip4:xxx.xxx.xxx.xxx ~all
優先度0

※xxx.xxx.xxx.xxxは自身のサーバーのIPアドレスを入力。

「追加する」をクリック。

 

以上で完了です。