【canon EOS Kiss】暗所でも綺麗な画質で動画を撮影する方法

暗い場所で動画を撮影する際により綺麗に撮影するための設定等をご紹介します。使用している機体はEOS kiss X5ですので他の機種の方は若干操作方法や画面が異なるかもしれませんでのご注意ください。

F値(絞り値)の低いレンズを使う

F値とは

F値とはレンズの絞りの大きさを表す数値です。F値が低ければ低いほど絞りが開き、光を多く集めることが出来ます。暗所での撮影では微量の光でも撮影出来るように、F値の低いレンズを選ぶことが好ましいです。

F値の見方

F値はレンズに記載があります。EOS Kiss の標準レンズを見ると下記のような記載があることが解ります。 18-55mm というのは焦点距離を示しており、それに対して3.5-5.6というのがF値です。一番広角にした時のF値が3.5、望遠にした時が5.6ということになります。

F値の目安

暗所での撮影に使うレンズの目安としてはF1.4〜F2.8くらいが理想です。

おすすめレンズ

比較的安価な単焦点レンズです。F値1.8

動画記録サイズを「1920×1080 30fps」に設定する

動画記録サイズを「1920×1080 30fps」に設定します。所謂フルHDというやつです。ちなみにYoutube の推奨解像度は下記の通りです。

  • 2160p: 3840×2160
  • 1440p: 2560×1440
  • 1080p: 1920×1080
  • 720p: 1280×720
  • 480p: 854×480
  • 360p: 640×360
  • 240p: 426×240

Youtubeヘルプ「動画の解像度とアスペクト比」より引用

設定方法

本体の「MENU」ボタンを押します。

動画記録サイズの項目を「電子ダイヤル」を回して変更します。

露出設定を「マニュアル露出」に設定する

EOS Kiss の撮影設定には「自動露出」と「マニュアル露出」があります。自動露出設定は便利なのですが、画質を優先したい時には不向きなので「マニュアル露出」を選択してください。

設定方法

本体の「MENU」ボタンを押します。

動画撮影モードを「マニュアル露出」にします。

F値(絞り値)を低く設定する

マニュアル露出に設定するとF値を変更することができます。前述の通り、F値が低い方が良いので一番低い値に設定しましょう。 絞り値が高い(F22)と絞りがとても狭くなっているのがわかります。

絞り値が低い時(F1.8)は絞りが全開になっているのがわかります。

設定方法

本体の「AV+-」を押しながら「電子ダイヤル」を回します。

シャッタースピード設定

シャッタースピードの理想の設定はフレームレートと同じか倍の値が理想的です。この場合、「1/30秒」「1/60秒」になります。通常であれば「1/30秒」に設定すればOK、被写体の動きが激しい場合は「1/60秒」に設定すると良いでしょう。フリッカー対策で「1/50秒」に設定するケースもありますがそれはまた別の機会に。

設定方法

「電子ダイヤル」を回して設定します。

ISO設定

暗いところで動画をとったきに画質が荒くなる大きな要因として、自動露出で撮影した際に、ISO値が上がってしまうことが考えられます。 ISO値は撮影場所の明るさによって適切な数値は変わってきます。低ければ低いほど画質は良いのですが、暗い場所だと「400〜800」位が目安になると思います。「1600」を超えてしまうと画質の荒さが目立ってきます。

設定方法

本体の「ISO」ボタンを押します。

ISO設定画面が表示されるので「電子ダイヤル」を回して設定します。

以上で設定完了です。  

関連記事