【WordPress】jQueryのバージョン確認・変更方法【プラグイン有り無し】

 WordPressは標準でjQueryが組み込まれています。このWordPressに組み込まれているjQueryのバージョンを確認・変更する方法をご紹介します。

jQueryのバージョンを確認する方法

jQueryのバージョン確認方法ですが、Chromeの拡張「Wappalyzer」を使うと便利です。バージョンを確認すると「1.12.4」となっています。

Wappalyzer

Wappalyzerを使えば簡単に使用している技術が把握できる

jQueryのバージョンを変更する際の注意事項

jQueryのバージョンを変更すると、使用しているテーマプラグイン正常に動作しなくなる可能性があります。これは多くのWordPressテーマやプラグインはjQuery1.12.4環境下で開発・動作検証が行われているためです。

jQueryのバージョンを変更する方法

プラグインを使用する方法と使用しない方法をそれぞれご紹介します。

プラグインを使用する方法

jQuery Updater というプラグインを使用します。

jQuery Updater

jQuery Updater

インストールして有効化するだけでjQueryのバージョンが変更されます。

jQueryバージョン

jQuery が3.4.1になりました

プラグインを使用しないでバージョンを変更する方法

プラグイン無しでも簡単に変更できます。自分の任意のバージョンにすることも可能です。

WordPress関数「wp deregister script」「wp enqueue script」を用います。

関数リファレンス/wp deregister script – WordPress Codex 日本語版 

関数リファレンス/wp enqueue script – WordPress Codex 日本語版 

まずはテーマフォルダ内の任意の箇所に使用するjQueryのファイルをアップします。ここでは「jquery-3.4.1.min.js」と「jquery-migrate-3.1.0.min.js」をアップしてみたいと思います。

「jQuery Migrate」とは古いjQueryから新しいものにバージョンアップした際に廃止された機能を補完してくれるファイルです。WordPressでは「jQuery Migrate 1.4.1」で使用されています。

jQuery Migrateプラグイン

例:「テーマフォルダ/js/jquery-3.4.1.min.js」「テーマフォルダ/js/jquery-migrate-3.1.0.min.js」

次に「functions.php」を編集します。

functions.php

wp_deregister_script('jquery');
wp_enqueue_script('jquery', get_template_directory_uri() . '/js/jquery-3.4.1.min.js', array(), '3.4.1', true );
wp_deregister_script('jquery-migrate');
wp_enqueue_script('jquery-migrate', get_template_directory_uri() . '/js/jquery-migrate-3.1.0.min.js', array('jquery'), '3.1.0');

以上で完了です。

Wappalyzer

解説

一行目、三行目の wp_deregister_script('jquery'); 、wp_deregister_script('jquery-migrate'); はWordPress関数「wp deregister script」を用いて、もともとWordPressが持つjQueryのスクリプトの解除を指定しています。

二行目の
wp_enqueue_script('jquery', get_template_directory_uri() . '/js/jquery-3.4.1.min.js', array(), '3.4.1', true );
では、WordPress関数「wp enqueue script」を用いてテーマフォルダ内のjqueryファイルの読み込みを指定しています。true の場合 </body> 終了タグの前に配置され、falseの場合 <head> に配置されます。

四行目の
wp_enqueue_script('jquery-migrate', get_template_directory_uri() . '/js/jquery-migrate-3.1.0.min.js', array('jquery'), '3.1.0');
も同様です。array('jquery')ではこのスクリプト(jquery-migrate-3.1.0.min.js)より前に読み込まれる必要があるスクリプト(jquery-3.4.1.min.js)を指定しています。

  • WordPressには元からjQueryが組み込まれている
  • WordPress5.3に組み込まれているjQueryのバージョンは1.12.4
  • 確認するにはChrome拡張機能「Wappalyzer」が便利
  • jQueryのバージョンを変更するとテーマやプラグインで不具合が起こる可能性がある
  • jQuery Updater というプラグインで簡単にバージョンアップ可能
  • プラグイン無しでも簡単に変更出来る
  • jQuery Migrate」はバージョンアップした際に廃止された機能を補完してくれるjQueryのプラグイン

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします!